川村明宏のジニアス記憶術で記憶力を高める

ジニアス記憶術は専用サイトにおいてゲーム感覚でトレーニングを行う

 

ジニアス記憶術では脳の仕組みをマニュアルで勉強してどの様にして人は記憶するかを学んでいきます。

 

このマニュアルでは川村明宏さんが長年に渡って研究して蓄積した知識を解説してくれていて脳のメカニズムについても詳しく書かれています。

 

また、ジニアス記憶術の特徴として、専用サイトにおいてゲーム感覚でトレーニングを行い時間にして一日7〜8分程度で実践できる良さがあります。

 

毎日、少ない時間でトレーニングを続けることによって、脳の活性化につながり記憶力を高めていきます。

 

暗記力や記憶力を高めることを解説した書籍や教材などは他にもたくさんありますが、この様なゲーム感覚でトレーニングをできるのはジニアス記憶術ならではの方法なので魅力的です。

 

ノートに同じ事を何度も書くというような単調作業ではないので、比較的楽しみながらトレーニングを続けられるのも良いと思います。

 

この他にもジニアス記憶術では、左右の脳を同時に使う方法や、記憶を処理するメカニズム、頭をよくするトレーニング方法や知識を定着させる方法、瞬間的に多くの情報を記憶する方法なども解説されています。

 

これら記載されていることを実践することによって記憶力を高めることができるのです。

 

ジニアス記憶術のトレーニングは4つのステップに分かれている

 

記憶力の向上は、勉強や仕事の能率を向上させるためだけではなく、資格取得や受験勉強などする時にも役立ちます。

 

川村明宏のジニアス記憶術の良さについては上記でも記載しましたが、何といっても1日7〜8分程度の少ない時間で出来る簡単なトレーニングを行なうだけで記憶力を高められる良さがあります。

 

しかも、ジニアス記憶術では専用サイトに用意されている各ステップごとに脳の記憶力を高めるトレーニングを行っていきます。

 

その段階も4つのステップに分かれており、一つ目のステップでは記憶力がどのくらいあるかを測定し、二つ目のステップでは脳活性化のトレーニング、三つ目のステップでは右脳の力を引き出せるトレーニング、四つ目のステップではリピート記憶力向上のトレーニングを行ないます。

 

それぞれのステップでもゲーム感覚で実践する事ができて、毎日トレーニングを習慣化していくことで自然と無理なく記憶力を高められる内容です。

 

記憶力を高めるにはポジティブに考えて実践した方が良い

 

川村明宏さんはマニュアルの中でどんな人間でも記憶の力は十分にあると言っています。

 

どうしても人間は自分が苦手な分野になってしまうと、自分は勉強が出来ないからとか私は暗記する事が苦手だからなどネガティブに考えてしまいがちです。

 

この様にネガティブに考えてしまっている場合には、同じ記憶力を高めるトレーニングをしたとしても効果は薄くなってしまうので、やはりポジティブに考えてトレーニングを実践した方が良いです。

 

ジニアス記憶術を監修している川村明宏さんも言っている通り、どんな人間にも記憶の力は十分にあるので、専用サイトでトレーニングを開始する時には、苦手意識やネガティブな考えを捨てて取り組みましょう。

 

人間は苦手意識があるとどうしても習熟度が遅くなってしまったり、トレーニングを継続するのが嫌になってしまったりするのでポジティブに考えてジニアス記憶術のトレーニングを取り組んだ方が良いです。

 

また、この記憶術の肝はトレーニング方法になるのですが、効果的に頭が良くなるトレーニング方法が完全に体系化されていて、順序立てて解説されています。

 

他の書籍などで解説されている記憶方法などでは、一つの作業を集中して行うものが多かったり、ひたすら反復して文字を書く方法など主流ですが、このような勉強方法は実はそれほど効果的ではありません。

 

何故なら、これでは脳の性能を引き出せていないからです。

 

ジニアス記憶術では基礎から暗記力を高めるトレーニングを実践していくので短い時間でトレーニングを行いたい方にはおすすめの勉強方法です。

 

  • link2を更新しました
  • link1を更新しました